介護福祉士の給料は将来上がる?

介護 夜勤

介護 夜勤なし 正社員で働くのは難しい?

介護の仕事 転職に悩む女性

事情があって夜勤なしの介護福祉士の求人、正社員で探したいけれど・・・夜勤ができないと伝えると不採用になることが多くて。やっぱり夜勤ができないと正社員では採用されないのかな?

介護 夜勤なし 正社員で働くのは難しい?

介護の仕事を探していて、特に正社員で働く場合には「夜勤ができること」が採用のための条件のようになっていることは多いです。

子供がまだ小さいから、夜勤なしで働きたい

夜勤ありで働いているけれどキツくて体調を崩してしまった。次は夜勤無しの職場を見つけたい

介護の仕事に興味があるけれど、夜勤は辛そう。できれば避けたい夜勤なしで働けたら

夜勤は手当もあり稼げますが、大変なのも事実。

様々な事情から夜勤なし介護職、正社員としての勤務を希望されている方もいらっしゃると思います。

この記事では、そうした夜勤なしの介護の職場で働きたい方向けの職場、介護求人を見つけるための転職サイトについてもご紹介します。

夜勤なし介護職の求人はあります

夜勤なしの介護施設で働く介護福祉士

介護職、それも正社員として働くのなら「夜勤ができないと採用されない」とお考えの方は多いと思います。

多くの介護施設では人手不足。

中でも、夜勤の人員確保に頭を悩ませているケースも多く、夜勤ができない人は採用しない、と明確に方針を決めている施設もあります。

これまで介護福祉士の正社員求人などに応募をして、面接で「夜勤なしを希望です」と伝えたら不採用になってしまって・・・

といった経験をされたことがある方も多いかと思います。

しかし、求人数は少なくはなりますが、夜勤なしで働ける職場はあります。

元々夜勤が無い働き方になる職場もありますが、特養や老健などの施設でも夜勤なし正社員募集、が見つかるケースもあるのですね。

夜勤なしの求人は地域によってはレア求人となることもありますから、見つけたら早めに求人を比較検討されることをおすすめします。

介護で夜勤なし正社員で働くには

確実に介護の現場で夜勤なしで働きたい、といった場合には業務時間が日勤帯のみの施設を選ぶ方法があります。

入居型の介護施設はどうしても夜勤がありますが、利用者が日帰りで利用する通所施設は夜勤がありません。

仕事内容がやりたいものかどうか、給料面はどうか、といった条件部分もありますが、夜勤なしで働くという希望条件を優先されるのであれば、こうしたデイサービスなどのお仕事も検討する価値はあると思います。

また、介護転職サイトを利用して、夜勤なし介護職の正社員求人を探す、という方法もおすすめです。

夜勤なし介護求人を探すなら、介護転職サイトの併用がおすすめ

介護転職サイトを利用する場合、複数を併用して情報収集するのがポイントです。

きらケア、かいご畑、カイゴジョブ、ジョブメドレーなど様々な転職サイトがありますが、掲載している介護求人は同じではありません。

それぞれが独自求人、非公開求人を扱っていることも多いですし、公開求人であっても、介護施設が例えばきらケアにしか掲載していない、といったことはよくあることです。

介護求人を探す場合、希望条件のハードルが上がり見つかる求人が少なくなりそうな時ほど、介護転職サイトは併用して求人をお探しになることをおすすめします。

きらケア 介護求人

きらケア 介護求人

きらケア 介護求人は介護業界に特化した転職支援サービスです。

年間80万人が利用するという大手転職サイトです。
10万件以上の施設・求人から探すことができます。

全国対応、介護福祉士をはじめとして、介護職の求人数が豊富なことが特徴です。

未経験・無資格の方向けの求人も多いです。
これから異業種転職、介護業界で仕事をすることを目指している方も、ぜひ相談してみてください。

きらケアには地域に特化した専門アドバイザーがいます。
そのため、職場の詳しい情報を得て応募を検討することができます。

離職率や人間関係など求人に関わるネガティブ情報も伝えてくれるため、メリット・デメリット両方を検討できます。

未経験・無資格の方も登録可能。
経験者から無資格・未経験者まで、幅広く介護士転職をサポート。

札幌、北海道での介護転職におすすめサイトです。

⇒ きらケア 介護求人 公式サイトはこちら

メリット・デメリット

夜勤のない職場、もしくは24時間介護が必要な職場であっても夜勤なしで働ける場合のメリット・デメリットについてもまとめておきましょう。

夜勤なし介護職のメリット

夜勤のない働き方ができる場合、次のようなメリットがあります。

  • 規則正しい生活が送れる
  • プライベートの時間が確保しやすい
  • 子育てと両立しやすい
  • 資格取得のための勉強時間が取りやすい
  • 体力的に楽、体調管理がしやすい

夜勤シフトがある場合、どうしても生活が不規則となり体調管理が難しい・・・と悩む方も多いと思います。

またお子さんが小さいママの場合、子育てと両立に悩むケースも多いでしょう。

子供を見てもらえる両親、親戚などが身近にいない場合、夜勤はやはり無理、ということになるご家庭は多いと思います。

夜勤なしで介護の仕事ができれば、こうした悩みからは解放されます。

残業が少ない職場で働くことができれば、生活のリズムも作りやすく、家庭と両立もしやすくなります。

またもし、これから介護資格を取得しようという場合であれば、夜勤なしの働き方は勉強時間も確保しやすくなります。

日勤の仕事で実務経験を積み、夜間は勉強によって知識を身に付ける。
良いサイクルで資格の勉強を落とし込むことができるため、合格率も上がるのではないでしょうか。

夜勤なしで働くことができれば、事情があって夜勤ができない方は、とても働きやすく、仕事も長続きしやすくなるでしょう。

年齢が高くなってくると介護の仕事は特に夜勤が辛くなる、とも言います。

夜勤がないことで介護の仕事を長く続けやすくなる、ということはあるでしょう。

夜勤なし介護職のデメリット

介護の仕事で夜勤なしで働く場合、メリットだけではなくデメリットもあります。

次に、夜勤なし介護職として働く場合のデメリットをまとめてみましょう。

  • 夜勤手当がないので収入が少なくなる
  • 夜勤の経験が積めない

夜勤なしで働く場合、一番のデメリットはやはり給料が減るということでしょう。

割増賃金、夜勤手当がないため、これまで夜勤ありの働き方をしていた方は、大幅な収入減となり生活・支出を見直す必要もあるかもしれません。

他には夜勤の経験を積むことができないため、将来的に、正社員として夜勤ありの介護求人に応募する際に経験年数に対して夜勤の経験が少ないということで選考が不利になる可能性もあります。

夜勤なしで働く場合、大きなデメリットといえるのは給料が減る、といった1点に尽きるでしょうか。

求人をお探しになっている方が家計の大黒柱であれば、収入源は生活に直結するかもしれません。

メリット・デメリットを比較して、働き方を検討する必要はありそうです。

介護で夜勤なしでもOKな職場

介護で夜勤がない職場をご紹介します。

入居施設でも日勤のみで募集が掲載されていることもありますが、他の夜勤あり職員の手前、なんか気を遣いそう・・・と思っている方もいらっしゃると思います。

であれば、最初から夜勤なしの介護の職場を選ぶのがよいでしょう。

デイサービス

介護職が夜勤なしで働くことができる職場として、まず上がるのがデイサービス(通所介護事業所)でしょう。

要支援あるいは要介護1~5認定の在宅高齢者が対象です。

自宅で生活を送っている高齢者を送迎、施設でレクリエーションや入浴、食事を提供して日常生活の支援、体調管理などを行います。

特徴としては、比較的自立度の高い高齢者を対象としており、また利用者の滞在時間も決まっているために残業がほぼ無い、ということがあります。

夜勤なし、残業なし、子育てや家庭と両立して働きたい方。

規則正しい生活を送りたい方。

ご自分の親の介護をしている方、なども働きやすいのがデイサービスといえるでしょう。

またデイサービス施設の特徴としては、年末年始、ゴールデンウイークなど、また土日祝が休みとなるところも多いことです。

カレンダー通りの休みが取れるのは、介護業界で働く場合にはなかなか難しい職場が多いと思います。

カレンダー通りに休日があるのは、ご家族、特に小さなお子さんがいるご家庭にとっては大きなメリットではないでしょうか。

職員数が揃っているデイサービスで働く場合、子供の学校行事なども調整して休みが取りやすいことも働く際のメリットとなります。

訪問介護

訪問介護の仕事は、ご利用者様の自宅を訪問し生活援助や身体介助を行います。

基本的には、日中のみ訪問します。
また、決まった時間に訪問をしますので、夜勤が発生することはありません。

生活援助は、食事の準備、洗濯、掃除、日用品の買い出しなど。
身体介助は、食事介助、入浴介助、排泄介助、移乗介助などです。

訪問介護は身体介助も行いますから、資格取得者が業務に当たることになります。

身体介助は体力的にも大変な分、給料は高めです。

訪問介護事業所も人手不足が深刻で、なり手がいないために利用を断らざるを得ないケースもあるようです。

ヘルパーの高齢化も言われています。

デイケア

デイケアは通所リハビリテーションとも言われます。

理学療法士などが常駐し、リハビリを重点的に行います。

デイサービスと同じように送迎があり、食事や入浴などもあります。

デイケアは体の機能回復を目的としています。
そのため、母体が病院などの介護老人保健施設に併設されていることも。

単体で設立されていることもあります。

介護士はリハビリ補助やレクリエーション、食事介助、入浴介助、排泄介助などを行います。

デイケアも夜勤なしで働くことができる職場です。

夜勤なしで働く介護職 正社員の給料・年収

夜勤なしで働くことができる介護の仕事、職場についてみてきました。

では、これら夜勤なしの職場で働く場合、年収はどれくらい稼げるのでしょうか。

デイサービスで働く場合、月収20万円~といった求人が多く見られます。
加えて賞与40万円前後と考えると、年収280万円~300万円といったところでしょうか。

訪問介護(ホームヘルパー)で働く場合、年収は300万円前後が相場のようです。

デイケアで働く場合、デイサービスとそこまで給与差はなく、年収280万円~300万円といった年収を相場として考えてよさそうです。

いずれの職場も、介護福祉士などの資格があると給与はアップします。

介護 夜勤なし 正社員で働く、まとめ

夜勤ができない方でも、職場を絞ることで夜勤なしの働き方ができます。

給料面では夜勤ありと比較をすると下がりますが、そこは働きやすさと引き換え、といえそうです。

夜勤なしで介護の仕事をするメリットが大きいと感じる方は、ご紹介したような、デイサービス、デイケア、訪問介護といったお仕事を中心に求人を比較してみてはいかがでしょうか。

夜勤なしの介護求人を調べる際、

といった転職サイトの活用が便利です。

複数の介護転職サイトを併用することで、より多くの求人情報を得て比較をしやすくなります。

ぜひ活用してみてください。

-介護 夜勤
-,

© 2022 介護 転職サイト おすすめランキング